食事にもなるスイーツ

子供はスイーツやお菓子が大好きなものです。しかし、おやつを食べたせいでご飯が食べられなくなってしまうという事を心配して、たまに外出してもスイーツやお菓子などは子供に食べさせないという人もいるのではないでしょうか。せっかく子供とお出かけした日、フードコートでアイスクリームを食べさせてあげたり、カフェでケーキを食べて帰ったりなど、ちょっとした楽しみがあっても悪くないものです。しかし、それが原因でご飯を食べなくなってしまっては困るでしょう。子供のためを思うと、食事前にスイーツは食べさせたくないですが、大人としては買い物や外出した時に、ちょっと甘い物を食べて休憩したいと思う気持ちは大いに理解できるはずです。

そこでお勧めなのが、最近流行りのパンケーキのお店です。甘くて美味しい人気スイーツですが、実はそもそも海外ではパンケーキは朝食の定番メニューなのです。最近ではパンケーキ専門店でも食事系メニューを提供しているところが増えました。パンケーキの材料は小麦粉と卵と牛乳なので、炭水化物とたんぱく質とカルシウムが含まれています。3時のおやつの時間ではなく、買い物や遊びに行った帰り、夕方5時ぐらいから夕食を兼ねてパンケーキを食べるようにすれば、子供も満足できるのではないでしょうか。「それでも夕飯前に甘いものを食べさせるのは、ちょっと」という意見もあるかもしれませんが、何も毎日食べさせるのではなく時たまで十分なのです。生クリームやフルーツを添えたものでも食事代わりになるくらいのボリュームがあるのでお勧めです。

パンケーキを食事代わりにするには少々物足りない、という人でも、こんがり焼いたベーコンやオムレツなどと組み合わせれば満足できるでしょう。ほんのりと小麦の甘さを感じるパンケーキ生地は、おかずやスープとの相性も抜群です。家族全員がそれぞれの好みのメニューを選べるのもパンケーキならではでしょう。「子供のために」と一緒に食べるのを我慢していたスイーツも、食事代わりにするのなら思い切って食べることが出来るのではないでしょうか。生クリームやチョコレートシロップ、ジューシーなフルーツがたっぷり盛られたメニューを家族一緒に楽しみましょう。