家族皆の楽しみ

小さな頃から家族で出かけたら必ず立ち寄る飲食店、お気に入りのスイーツなどがあると、その店の雰囲気や味は大人になっても記憶に残り続ける思い出になっているのではないでしょうか。「家族の団欒」を思い出せるようなスイーツがあれば、子供が独立して家を出ても、その寂しさを紛らわせてくれる優しい記憶として、自分の人生の1ページにしまっておけるでしょう。子供の方も「実家に帰ったらまた食べに行きたい」「自分に子供が出来たら家族で食べに行けるようにしたい」などと思うはずです。食にまつわる記憶は強く残り、人には誰でも忘れられない味があるものです。地域特産の名物や、ご当地料理など、家でいつも食卓にあがっていたメニューは、ソウルフードとしてより印象深く記憶に刻まれるでしょう。進学や就職などで故郷から離れた地域に移り住んでも、慣れ親しんできた味を思い出し、急に食べたくなってしまうこともあるはずです。

地元の食材や料理ではありませんが、家族で出かけた時にいつも決まった店でスイーツを食べて帰るというのが恒例になっていた場合、その家族にとってはそのスイーツがソウルフードになるでしょう。家族で食べられて、思い出に残るスイーツとして、最近専門店が次々オープンしているパンケーキのお店に一度家族で行ってみてはいかがでしょうか。

「流行っているから一度食べてみよう」という軽い感じでも良いでしょう。「昔よく家族でパンケーキを焼いたな」と懐かしさから足を運ぶのも悪くありません。流行りのパンケーキ店は、首都圏だけではなく全国各地に次々出店しています。小さい頃、家族皆で行った店ではなくても、懐かしいパンケーキの記憶を呼び起こしたくなった時、いつでもどこでもすぐに立ち寄れるでしょう。現在人気のパンケーキ専門店では、生地を冷凍保存するのではなく、一枚ずつ注文を受けてから焼き上げるため、同じ系列のお店でも、微妙に味が違います。子供の時に食べて感動したあの味を求めて、各地のパンケーキ店を巡ってみるのも楽しみのひとつになるでしょう。